中学受験をする際、中高一貫校という学校も多いかと思います。
中高一貫校とは中学から高校に上がる際に、簡単な試験を受けるだけで進むことができるなどのメリットがあります。
高校受験の前倒しで中学受験をするというイメージがわかりやすいと思います。
私立校であれば学校ごとに教育方針、教育理念がありその校風にあった教員が多いこともあり、自分にあう学校を選ぶことができれば中学高校の6年間、恵まれた環境で勉強に取り組むことができます。
また6年間で授業時間を配分して大学受験に余裕をもって望むことができたり、人間関係はあまり変わることがないので、勉強や部活に集中しやすいというのも中高一貫校のメリットです。
教育方針などを基準に選ぶ人が多いと思いますが、そうなると自然に自分と似た考えの人が集まりやすいということもあり、長く付き合っていける友人を得る人も多いようです。
中学受験をするためには小学校のころから、その準備をしなければならないので大変な面もありますが、勉強だけでなく運動や美術、音楽など小さい頃から続けてきてじっくり取り組みたい場合などは、自分がやりたいことに適した環境を整えている学校を選ぶことで、才能を伸ばすことも可能です。