中学受験は勉強以外にもすることがあり、それが学校説明会です。
ダイレクトに学校の良さをアピールできるので、公立と私立の両方の中学校で力を入れています。
しかしただ興味本位で参加しても、時間を無駄にするだけなので、重要な事柄はしっかりと把握します。
中学受験で志望校が決まっていない場合でも、一度足を運んでみると雰囲気が分かって具体的な学校生活を子供にイメージさせることができます。
子供は学校の印象を知る機会にし、保護者は中学受験に役立つ情報を入手します。
学校説明会に参加する前にまず、学校のホームページを見て大体の教育理念やカリキュラムに目を通します。
その中で特に気になる点をメモしておくと、当日は必要な情報を説明の中からピックアップしやすいです。
学校側はカリキュラムや進学実績、生活指導の取り組み方など詳しく話します。
そして入試に関する情報も教えるケースが多いです。
応募者の平均的な偏差値や合格の最低ライン、出題傾向など学校によって言及する内容は異なりますが、ホームページには公表しない情報を聞けます。
学校説明会は10月~12月が多いですが、体験授業を行う夏休みに一緒に説明会を実施することが増えています。