わが子を中高一貫校に行かせたいと思う親は多いです。
中高一貫校にいくためには、まずは中学受験をさせることになりますが、中学受験は小学生にとって、簡単な道ではありません。
というのも科目は国語、算数、理科、社会の4科目なのですが、すべての難易度が小学高で勉強するよりもかなり難しいということと、範囲も相当広いので、勉強していくのが過酷というほどの内容です。
さらには、どんなに勉強したときても、当日の試験の出来によっては、すべて落ちてしまう可能性もあるので、しっかりとした対策をとる必要があるのです。
そのために多くの生徒が併願受験をしていくことになります。
併願受験とは、第一志望校だけを受験するのではなくて、いくつかの学校をうけていくというやり方です。
その中で通ってもいい学校をいくつか選んで、その学校の中でもし第一志望がだめだった場合でも、滑り止め的に受けていくことをいいます。
ただ、併願受験校もしっかりと選んでいったほうがいいです。
いくら抑えだからと、まったく通う気持ちもないのに選んでしまうと、かりに第一志望を落ちたときに、行きたくない学校に通うことになるからです。
ですから中学受験には、計画性をもって対策をたてることが必要です。