よりよい教育環境を求めて、中学受験に挑むご家庭は多く、そうしたご家庭にとっては、志望校の倍率は大変に気になるものです。
大学受験などの場合とは異なり、中学受験はエリアごとに短期間の間に集中して各中学校の入学試験が行われることが特徴です。
そのため各中学校から公表される出願倍率と実績倍率の間には、差があることに注意しておく必要があります。
入学試験の出願をした生徒の数を募集人員で割ったものが出願倍率として公表されます。
また辞退者がほとんどいないトップ校以外の入試では、ほとんどすべての学校において実際の募集人数よりも多めの人数が合格者として発表されます。
また受験した中学校の合否結果により、翌日以降の受験先を決めるご家庭も多く、あらかじめ複数の中学校に出願している場合も少なくありません。
そのため合格者数を実際に受験した生徒の数で割った実績倍率は、出願倍率と比較するとかなり倍率が低くなることも珍しくありません。
中学受験の場合は出願はしたものの、実際には受験しない場合もあり、出願倍率の高さに惑わされてしまうことなく、志望している中学校の実績倍率をしっかりと確認した上で、受験プランを練るとよいでしょう。