中学受験に挑戦するには偏差値がつきものです。
中学受験と高校受験の偏差値の決めかたというのは少し違いがあるようです。
高校だとレベルが高い、学力が高い学校だと高くなる傾向があります。
しかし私立中学のばあいは、どうやらレベルや学力だけで決めるものでもないようです。
進学校といわれている中学でも、前の年の希望者数が少なければ下がることがあります。
逆に、学力がそれほど高くない中学であったとしても、その学校の校風がよかったり、教育方針に賛同できる人が多くいて、前の年の希望者数が多くなると高くなる傾向にあります。
なので中学の偏差値というのは、レベルや学力にかかわらずその学校の人気度で左右されるようです。
中学受験に挑戦するとき、どの中学にするか決めるときは偏差値が高いところを選びがちですが、そればかりにまどわされるのもいいことではありません。
受験するまえに、学校見学や説明会などに参加してその中学の校風や教育方針、また先生たちはきちんと生徒のことを見てくれるのかなどを見極めたうえで、自分にあった学校を選択することが大切です。
また将来の目標があるのなら、その目標を達成させてくれそうな学校を選ぶのもいいかもしれません。